2009年7月1日(水) バス旅行 軽井沢レークガーデン (報告)  


 参加者:42名、集合場所:@あざみ野 A美しが丘西1丁目 B新百合ヶ丘 
 
 予定時間より少し早めに、霧に包まれた軽井沢に到着。雨が降っていなくて、ラッキー!
 昼食をプリンス ホテルの天井の高い、ガラス張りの明るいレストランで楽しんだ。
 
 午後1時、軽井沢レークガーデンに到着。
 木々と池の自然の中に植栽されたバラ達が、甘い香りと色とりどりの花の形と樹形で、私達を迎えて呉れした。
 
 レークガーデンのバラの監修をしている、大野耕生様に、有益なお話をユウモアも交えながら、
 2時間半もご案内していただきました。
 
 バラ、パーゴラ、草花、樹木、造園、等々、それぞれの専門家の英知が結集されていて、
 それはそれは、素晴らしい景色でした。
 
 霧に包まれた幻想的な雰囲気の中で観るバラも、また格別に趣のあるものと、こんな天候を
 恵んで呉れた神様に感謝です。
 
 機会を見つけて、是非また訪問したい、素晴らしいバラの咲く庭園でした。
 
 大野耕生様、有難うございました。
 
                                    文責、写真: 赤澤増男




 
2009年2月7日(土) 小山内 健様 講習会&懇親会&写真展(報告)

 
遠路枚方(京都と大阪の間)から小山内 健さまを講師にお迎えして、講演会を「おし花レストラン ホワイトガーデン」で、開催いたしました。













JORの初めての「バラの写真展」も同時に開催し、
美しく色を添えてのお迎えに、小山内さまも”にこっ”となさり、スタートから和まれていらしたようです。
 
小山内さまは、バラ鑑定士としてテレビ東京系TVチャンピオン「全国バラ通選手権」で、
2連覇を成し遂げられました。
 
著書に「アーリーモダンローズ」 「オールドローズ ガーデニング大好き」 他があり、
また多くのバラ図鑑にも掲載されてます。
 
バラのソムリエ、テレビチャンピオンから、どんなお話が飛び出すのか楽しみにしている47名の会員で、会場が熱気で溢れていました。











 
            講演テーマ 「テレビチャンピオンになるまでの裏話」
                    「バラと遊ぶ」
 
参考書や他の講演会では知り得ない「目からウロコのお話」を、
エンタメ性たっぷりの身振り手振りで惜しげもなく教えて下さり、
笑いと感動の講演でした。
 
特に「風の道を意識してガーデンをつくる」という言葉が印象的でした。
 
Q&Aタイムでは、環境や状況まであたかも質問者のお庭に居るがごとく、
ズバリ当ててしまう凄さに、皆さんから歓声が上がっていました。



 
講演会後にビュッフェスタイルの昼食会がありました。
参加者は、夫々に小山内さまを囲んで、バラ談義をしながら楽しく有意義なひと時を、過ごしました。
 
お開きの前に、「野ばら」 と 「早春賦」を全員で合唱し、和やかな雰囲気に浸りました。
 
* 参加された皆さまより、次のような感想を頂きました。
    。 ユーモア溢れている話の中に、バラ育てのヒントをたくさん頂きました。
   。 極上のひと時、想像以上でした。 
   。 質疑応答で、バラの環境を当ててしまうところは、スピリチュアル番組を見ているようで、
     ぞくぞくしました。 本当に驚くばかりでした。
   。 育てているバラの名前が分からなく、バラの写真を持参して見ていただき、
     ”このバラはカントリーリビング”と教えて頂きました。さすがチャンピオン!
   。 お陰さまでバラを育てるのに、肩の力が抜けたような感じでした。
     。 底知れなくその知識を惜しみなく与えてくださり、驚きと感動と感謝でいっぱいです。
 
                                              
ボランティアでお出で下さりましたのに、小山内さんから次のようなメールを頂きました。
 
昨日は、とても楽しい講演会でしたね。
予想以上の講演会での反響に、わたしもびっくりでした。

自分の目標「バラの話で楽しいひと時」は、達成できたかなと思ってます。

上の方、下の方関係なく楽しいひと時がつくれたこと、
こういうのが、何をするにしても、大切なんだと思いますよ。

そしてわたしも、岩下さんに感謝です。

また機会ありましたら、寄りたい場所となりました。
ありがとうございました。

みなさまに、よろしくお伝えください。

それでは、また。

京阪園芸
  小山内 健」
 






























 
小山内さんを、ご紹介下さいました岩下さまに、感謝して・・・
 
               文責:企画担当  雨宮 美枝子



 
2008年9月4日(木) 秋バラのための剪定実習&ボランティア(参加14名) (報告) (2008年9月04日)

 
 

 太陽公園の恒例になった、剪定実習とボランティアは、ラッキーにも暑さ蚊も感じない中で、
 ブッシュ タイプの剪定を予定通り済ませることが出来ました。
 ご参加下さいました皆様、ご協力有難うございました。
 秋には、皆さんに綺麗な花を観賞して貰えるのが、楽しみです。
 








 
                           剪定した切り口には、防菌のため薬剤を塗っておきました。
 

 














 



                                   黒点病の葉があるものは、全部葉を取ってしまいました。
                                   昨年も剪定時に葉が無かったのですが、秋には綺麗に咲いてくれたので、
                                   今年も期待します。
 



 バラ園見学バス旅行 近藤昭郎様邸*アカオ ハーブ&ローズガーデン(報告) (2008年5月28日)


 5月28日(水)。今年は5月に雨が多く、バラ泣かせのシーズンだった。

JORの大きなイベントのひとつローズフェスティバルは、三日前の25日に予定されていたが、前日からの雨で中止となった。

 そんなこともあって、今回のバス旅行は特に天気が心配されたが、日差しの優しい曇り空で、美しく咲くバラにとっても、バラを愛でる私たちにとっても、まさに絶好の鑑賞日和となった。



 参加者42名を乗せたバスは、まずは小田原にお住まいの、バラを研究して50年以上になる
近藤昭郎先生のお宅へ向かった。バスから降りて10分ほど歩くと、フェンスいっぱいこぼれんばかりに
咲いている色鮮やかなバラが目に飛び込んできて、思わず驚きの声が上がった。


                                                       先生のお宅は、周りを囲むフェンスから、庭の中のほとんどがバラで、モダンローズの
                                                     ハイブリットティーやフロリバンダ、それにイングリッシュローズを含むシュラブローズや
                                                     クライミングローズなど400種類が植えられていた。











                                                       長年バラを研究していらっしゃる方とあって、昔からの銘花から最新の品種まで揃っていて、
                                                       さながらバラの見本園のような感じであった。
                                                       しかも、どのバラも“さすが研究家が育てたバラ!”と納得してしまうほど立派に、健康的に
                                                       育っているのだ。
                                                       バラの品種によって異なる、バラ本来の姿を知るうえでも、大変勉強になった。






 小田原を出て、バスは熱海にあるアカオ ハーブ&ローズガーデンへと進んだ。
昼食はアカオリゾート公園内のロイヤルウイング。
錦ヶ浦を一望できる大パノラマを前にしての食事は、旅の気分を満喫させる贅沢なものだった。





 食事の後はいよいよハーブ&ローズガーデンへ!
ガーデン入り口から担当者がバスに乗り込み、200メートル高台にあるバス降車所に
向かう間、12のテーマガーデンについて説明をしてくださったのだが、次々と車窓に
現われるバラで作られたガーデンは、物語を感じさせる画集の絵のように美しく、
バスが進むごとにページを繰るような感動が起こり、バスの中は歓声でいっぱいになった。



終点の降車所からは自由散策の時間。3時間かけて、それぞれに12のテーマガーデンやショップを見て回って楽しんだ。










 アカオハーブ&ローズガーデンは今年で開園20周年になる。10年前にランドスケープデザイナーの白砂伸夫氏が監修に当たり、現在のローズガーデンの姿が確立されたそうだ。その素晴らしさが雑誌などで採り上げられ、写真では目にしていたものの、実際にその場に立ち、眼下に広がる海・山・空を背景にして繰り広げられる物語性豊かなテーマガーデンを歩いていると、自分が想像していたバラ園とあまりにもそのスケールの違いに、驚嘆しっぱなしであった。










 日本独特の海と山という景観の中で、違和感無くローズガーデンが点在し得たのは、それを造り上げるための植物選びに他ならなかったように思う。

人の鑑賞目的に改良を重ねて作られてきたモダンローズをあえて止め、自然に溶け込む色や樹形をもつオールドローズやイングリッシュローズを配し、バラと共鳴・共生しうる宿根草を混植して、人が造った景観なのに、あたかも自然に存在しているかのようにみせる術は細部にまで凝っていて、どこを見ても感服せずにはいられなかった。




     感動!感激!!感心!!!感銘!!!!

               たくさん心の動く一日だった。

文責:合田ケイ子


集合写真










 
2009年3月7日(土) 第6回総会&懇親会 (報告)  
 

*総会出席者数  :26名
*懇親会出席者数:17名

■日 時 2009年3月7日(土)
     【総 会】午前11時30分 〜12時30分
     【懇親会】午後12時30分 〜15時

■場 所 嶮山スポーツガーデン『アルバトロス』

・総会
  総務・企画・HP広報・会計・会計監査の各担当より「昨年度実績の報告」の後、 「今年度計画案」が付議され、承認されました。
  企画担当者の交代がありました。(Gさん退任、Aさん後任)
 
  09年度も太陽公園ボランティア作業、ローズフェスティバル、オープンガーデン、バス旅行、勉強会、講習会等多彩なイベントが
  企画されています。
  会員証を全員に行き渡るようにします。
・懇親会
  昼食は、ビュッフェ式で、自由なスタイルで、会話を楽しみました。
  懇親会は、新会員の皆様から、一言ご挨拶を頂きました。
  その後歓談と、今年もジャンケン勝ち抜きによる、プレゼント争奪戦をしました。
         
                                                                 文責:赤澤増男




 
2010年3月6日(土) 第7回総会&懇親会 (報告)  
 

  ■日 時 2010年3月6日(土)
       【総 会】午前11時30分 〜12時45分
       【懇親会】午後12時45分 〜15時
   ■場 所 嶮山スポーツガーデン『アルバトロス』

  *総会出席者数  :32名、  *懇親会出席者数:21名

   *総会
    総務・企画・HP広報・会計・会計監査の各担当より「2009年度実績」の
    報告の後、 「2010年度計画案」が付議され、承認されました。
   
   ・2010年度も太陽公園ボランティア作業、太陽公園ローズフェスティバル、

   オープンガー デン、バス旅行、勉強会、講習会等多彩なイベントが企画されています。
    ・ホームページを充実させる方向での提案が有りました。
    ・オープンガーデンのチャリティー資金を使っての、
     介護施設での写真展を充実させていく方向が提案されました。

   *懇親会
     昼食は、ビュッフェ式で、自由なスタイルで、会話を楽しみました。
     懇親会は、新会員の皆様から、一言ご挨拶を頂きました。
    また、参加した皆さんから、近況報告をいただきました。
     その後コーラスと、今年もジャンケン勝ち抜きによる、プレゼント争奪戦を楽しみました。

                                                                 文責:赤澤増男




 
2008年8月29日(木) 第2回勉強会 (報告) (2008年8月29日)

 連日の凄い雷雨ですが、今日は勉強会と暑気払い終了まで、大丈夫でした。ラッキー!
 勉強会参加:20名、 暑気払い:参加12名(新虎)
 
 話題を特に前もって決めませんでしたが、私たちにとって、常に気になる剪定、害虫、病気、肥料、薬剤等につき、
今年の状況をアンケート形式で各人振り返り、資料を使ったり、経験談を披露したり、3時間をフルに使い、
有意義な勉強会になりました。
 結構皆さんそれぞれ個性的なバラ育てをしていて、話を聞くと参考になることが多かったです。